前の記事 TOP 次の記事

2007年01月08日

下嶋浩先生のこと

 新版ロボット工学ハンドブックの第1編の「3. 力学基礎」は堀江三喜男先生(東京工業大学)にご執筆いただきました。
 以下は1990年版で「力学基礎」をご執筆いただいた下嶋浩先生(東京工業大学、平成11年8月ご逝去)の話です。
 下嶋先生とは柿倉先生と同じく、日本産業用ロボット工業会の委員会でお話をさせていただくようになりました。用語の定義に対して学術用語を背景として明解に発言され、その歯切れのよさに感心したものでした。委員会の席で、ロボットの分野の自由度の使い方が機構学での用法とずれたものも容認していることを憂いられた下嶋先生が「正確な使用を」と述べられていたことを今も思い出します。
 「新版ロボット工学ハンドブック」ではこの先生の言葉を思い出しながら、文章の校正をしました。(及第点はいただけますでしょうか・・)

* * *

 下嶋浩先生はランニング登山の第一人者。お亡くなりになったのはマッターホルンの登攀中の事故とのことでした。
posted by M. Ichikawa at 21:54 | ハンドブック後記
前の記事 TOP 次の記事

トラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3010657
※言及リンクのないトラックバックは受信されません