2023年03月22日

「CareTEX東京 '23」(2023年3月22〜24日、東京ビッグサイト )

P1520212-20230322.JPG

 「CareTEX東京 '23」(2023年3月22〜24日、東京ビッグサイト )のセミナーの「経済産業省における福祉・ロボット介護機器産業政策について」を聴講するために22日に会場へ行きました。会場で単にセンサー技術を応用したものを「介護ロボット」として展示しているのを見て疑問に感じたのですが、それが経済産業省が「介護ロボット」の定義を考えずに施策を講じているのが原因ではないかと推測されました。日本ロボット工業会が日本産業用ロボット工業会の時代、柿倉正義先生が委員長を務められた移動ロボットの用語に関する委員会に参加させていただき、その時、下嶋浩先生(東京工業大学)に用語の定義に取り組む際の姿勢を教えていただきました。
 法的な文書を作成する場合も定義が重要ですが、既にある分野でロボットに関する定義がなされている今日、それと矛盾しない取り組みを経済産業省の方には強くお願いしたいところです。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2023年03月17日

「中部機械加工システム展」(2023年3月16・17日、ポートメッセ名古屋 )

P1510968-20230317.JPG

 「中部機械加工システム展」が3月16・17日、ポートメッセ名古屋で開催で17日に会場へ行きました。大きく重い工作機械を展示したブースもいくつかありましたが、各ブースは簡素な展示が基本のようで、製造の現場に近いことからか作業着で会場へ来訪されている方も少なくなく、「質実剛健」という言葉を思いだしました。
 「勉強しなければ!」で大量の印刷物を頂戴してきました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2023年03月16日

スマートエネルギーWeek 【春】 (2023年3月15〜17日、東京ビッグサイト )

P1510889-20230316.JPG

 「スマートエネルギーWeek 【春】」が3月15〜17日、東京ビッグサイトで開催で16日に会場へ行きました。「FC EXPO [国際] 水素・燃料電池展」は注目を集めている分野のためか、多くの来場者で通路を人を避けながら歩く必要がありました。部材製作のデモンストレーションとしてロボットも展示されていました。この分野も部品、システム、運用の面で理解するのがいいかなとなりました。
 気温が高かっため、上着を脱いでシャツだけで歩いている方もいました。マスクはほとんどの人が着用していました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2023年03月08日

「Grinding Technology Japan 2023」 (2023年3月8〜10日、幕張メッセ )

P1510655-20230308.JPG

 「Grinding Technology Japan 2023」が幕張メッセで2023年3月8〜10日開催で初日に会場へ行きました。
 昔、2種類の研削機械の設計をしていたことから、当時のことを思い出しながら、研削機械そのものの進歩、ロボットとの組み合わせ、計測技術の進歩など、着実に研削機械の開発が行われていることを実感しました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2023年03月03日

「NIKKEI MESSE 街づくり・店づくり総合展」(2023年2月28〜3月3日、東京ビッグサイト )

P1510476-20230303.JPG

 「NIKKEI MESSE 街づくり・店づくり総合展」が2月28日〜3月3日、東京ビッグサイトで開催でその中のロボット応用に関する展示の動向が気になり、会場へ行きました。
 「リテールテックJAPAN」で自動搬送装置(シャープ)や配膳ロボット(DFA Robotics)などの姿を見ることができました。そしてCOVID-19によって販売分野の人手不足に対する電子化の対応が急速に進展していることを感じました。「SECURITY SHOW 2023」ではカメラがいたるところで利用される日本になったことを実感させられました。そして通園バス置き去り事故から防止装置を展示のブースもあることを確認しました。
 「JAPAN SHOP 2023」では空間デザイン機構の企画展示を楽しむことができました。
 「東京国際家具見本市」は「ジャパンプレミアムファニチャー・コレクション」、「デザイナーズギャラリー SOON アルチザン・ギャラリー」、「サステナブル/ウェルイビーイング展示」を含めて目の保養となりました。また、「フェアウッド・国産材を常識に。」の展示は考えさせられました。
 「ライティング・フェア」は中国パビリオンが多くの面積を占めているのを確認しました。
 「建築・建材展 2023」ではマンションの保全工事に関連するブースをいくつか、見てまわりました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2023年02月22日

「試作市場 & 微細・精密加工技術展」(2023年2月21・22日、東京都立産業貿易センター浜松町館 )と3種類の掃除ロボット

P1510080-20230222.JPG

 「試作市場 & 微細・精密加工技術展」(2023年2月21・22日)が、東京都立産業貿易センター浜松町館で開催で22日、会場へ行きました。昔、機械設計をしていた時代、基本的な機械加工に関する知識は身に着けましたが(これがなければ設計図は書けない)、最先端の加工技術を紹介するブースを見ながら「もっと勉強しなければ・・」になりました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2023年02月16日

「第9回 町工場見本市2023」(2023年2月16〜17日、東京国際フォーラム)

P1500559-20230216.JPG

 「第9回 町工場見本市2023」(2023年2月16〜17日)が東京国際フォーラムで開催で初日に会場へ行きました。大学との共同開発を紹介するブースもあり、ブースに立たれている方に質問するなどしてよい時間を過ごすことができました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2023年02月08日

「Care Show Japan」、「健康博覧会」(2023年2月8〜10日、東京ビッグサイト )

P1500418-20230208.JPG

 「Care Show Japan」が2月8〜10日、東京ビッグサイトで開催でその中の次世代介護ラボヘルスケアIT 2023 でのロボットに関係する展示が気になって初日に行きました。展示エリアは西4で会場としては広くなく、食料品の展示が多く、講演のエリアもあり、ロボット関連の展示は多くありませんでしたが、「あるくメカトロウイーゴ」(株式会社リビングロボット)や起立運動の「反復回数確保」と「現場負担軽減」を両立とする椅子型機器Qolo株式会社)を見ることができました。また、「TSUKISO トイレアシスト」(月島倉庫株式会社)についてブースの方と意見交換しました。国境なき医師団のブースもあり、先日、NHKのアナザーストーリーズ 運命の分岐点「国境なき医師団」を見たことをブースの方へお伝えしました。
 西展示棟の1階では「健康博覧会」が開催されていてその中の【特設】 ジェンダード・イノベーションEXPOの展示内容が気になり巡りました。その入り口的な部分にランニングシューズ、医薬品、トレーニングメソッド、人体模型での性差について書かれていてそれを含めて考えさせられることが多くありました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2023年02月02日

「テクニカルショウヨコハマ2023」(2023年2月1〜3日、パシフィコ横浜)、「第27回 震災対策技術展、第14回 振動技術展」(2023年2月2〜3日、パシフィコ横浜)

P1500287-20230202.JPG

パシフィコ横浜で2月1〜3日に「テクニカルショウヨコハマ2023」、2月2・3日に「第27回 震災対策技術展」「第14回 振動技術展」が開催で3展示会を一度に廻れるように2月2日に会場へ行きました。
 「テクニカルショウヨコハマ2023」の展示は各地域名を名乗ってブロック化されていることもあり、地域の技術力を競っている感じが伝わってきました。入り口に近い長野県産業振興機構の中の株式会社イズミのブースで新しい発想によるヒートシンクを紹介いただき、「成程なあ」となりました。
 「震災対策技術展」は関心分野でもあり、地質調査研究推進本部内閣府政策統括室(防災担当)、情報通信研究機構国土交通省関東地方整備局などを回って様々な資料を頂戴してきました。
 会場内の一角に今年の9月1日で100年となる関東大震災の横浜での被害状況を伝えるパネル展示がありました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット