2012年11月01日

国際宇宙探査シンポジウム(第1回)「人類の宇宙探査とその未来」(10月30・31日、経団連会館)

DSCF1567-20121030.jpg
JAXA|国際宇宙探査シンポジウム(第1回)「人類の宇宙探査とその未来」の開催について
http://www.jaxa.jp/press/2012/09/20120919_sympo_j.html

 国際宇宙探査シンポジウム(第1回)「人類の宇宙探査とその未来」が10月30・31日、経団連会館で開催ででかけてきました。ISECG(International Space Exploration Coordination Group)の活動の一環といえるシンポジウムです。
 今日、気象観測衛星、通信・放送衛星、GPSなど、様々な分野で宇宙利用が図られています。また、ハッブル宇宙天文台や惑星探査衛星などによって得られた観測結果などによって、私達の宇宙に関する知識は飛躍的に広がりました。また、国際宇宙ステーションの利用、研究のいう面から一般に多く伝えられることはありませんが、人種に関係なく男子1/3,500人の割合で発症するとされる進行の早い筋変性疾患の筋ジストロフィーの治療薬の開発など、微小重量環境でないと難しい研究の成果が期待されます。(私は小学生になった時、筋ジストロフィーのことを初めて知りました。)
 宇宙開発のプロジェクトは実現までに5年、10年という長期の期間がかかり、また、その内容によっては難しい技術開発をこなさなければなりません。ISS(国際宇宙ステーション)の退役が2020年とされ、宇宙開発が国際協働で行われるのが、ほぼ、前提となった今日、日本の宇宙開発の方向を定める時期となっています。
 シンポジウムで米国、欧州、ロシアの宇宙開発の現状について理解することができました。一方、
「日本の宇宙開発はどこへいくのか」
というのが見えない現在にあることに気付かされました。

-----------
国際協働による宇宙探査ミッションの推進|月・惑星探査プログラムグループ
http://www.jspec.jaxa.jp/enterprise/international.html
・ 『国際探査ロードマップ』などのファイルがダウンロードできます。
ISECG - Homepage
http://www.globalspaceexploration.org/
White House Unveils New National Space Policy Space.com
http://www.space.com/8676-white-house-unveils-national-space-policy.html
NATIONAL SPACE POLICY of the UNITED STATES of AMERICA
http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/national_space_policy_6-28-10.pdf
U.S. National Space Policy Comparison Comparing the 2010 National Space Policy to the 2006 National Space Policy
http://www.spacefoundation.org/docs/USNationalSpacePolicy-2010vs2006.pdf
米国 国家宇宙政策 U.S. National Space Policy - Space-Library
http://www.space-library.com/061113_US_Space_PolicyJ=E.pdf
・ 2006年の対訳
Lunar Exploration Analysis Group (LEAG) - DRAFT Lunar Exploration Roadmap
http://www.lpi.usra.edu/leag/ler_draft.shtml
宇宙開発委員会:文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/index.htm
国際宇宙ステーション特別部会(第2回) 配付資料:文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/015/003/gijiroku/1293979.htm
第15回 難病患者の笑顔のために−宇宙実験で創薬をめざす|インタビュー|宇宙オープンラボ|JAXA産業連携センター
http://aerospacebiz.jaxa.jp/jp/offer/interview/15/p1.html
posted by M. Ichikawa at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59709311
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック