2012年10月04日

CEATEC JAPAN 2012

DSCF1901-20121003.jpg
CEATEC JAPAN 2012 公式サイト
http://www.ceatec.com/2012/ja/index.html

 CEATEC JAPAN 2012で様々なロボットが展示されています。その一部を紹介します。 

■ 産業用ロボット [バフかけ]
DSCF1908-20121003.jpg
三菱電機 産業用ロボット Fシリーズ (バフかけ)
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/rbt/robot/lineup/work/f/image/f_function.pdf

■ iRobot
iRobot Corporation Robots that Make a Difference
http://www.irobot.com/us/
iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/

DSCF1953-20121003.jpg
プール掃除ロボット Verro

DSCF1954-20121003.jpg
雨どい掃除ロボット Looj

DSCF1955-20121003.jpg
自動水ふきロボット Scooba 380, Scooba 230

DSCF1967-20121003.jpg

DSCF1960-20121003.jpg
地雷探査・除去ロボット Ariel

DSCF1963-20121003.jpg

DSCF1982-20121003.jpg
多目的作業ロボット PackBot

DSCF1991-20121003.jpg

DSCF1973-20121003.jpg
地球外探査ロボット Genghis

DSCF1988-20121003.jpg

DSCF1976-20121003.jpg
偵察用小型ロボット FirstLook

DSCF1993-20121003.jpg

DSCF1994-20121003.jpg
海洋探査ロボット Seaglider

■ 双腕型移乗介助ロボット(東海ゴム)
DSCF2012-20121003.jpg

DSCF2010-20121003.jpg
双腕型移乗介助ロボット(東海ゴム)
http://www.tokai.co.jp/pressrelease/2011/n11-08-02.pdf

■ 書道の分析用ロボット
DSCF2020-20121003L.jpg
Katsura Lab | 慶應義塾大学理工学部 システムデザイン工学科 桂研究室
http://www.katsura.sd.keio.ac.jp/

 書を書く際のデータ収集に直角に固定され、回転、斜めにすることなどができない、しかも300gくらいの重さのある筆を使うのは少々、無理があります。筆にポインターをつけ、ポインターの高さと筆圧の関係を予め、測定し、その筆を使って書家の筆使いをモーションキャプチャーし、それを計測とは別の書道用のマニピュレータに書かせるシステムとすれば、書家は普段、書を書いているのと同様の感覚で力を発揮できると思うのですが・・。
 計測器とするものが計測対象に大きな影響を与えてはもはや計測器とはいえません。

posted by M. Ichikawa at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58726475
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック