2018年03月13日

講演会「無人航空機がもたらす空の産業革命 〜地方から日本の空を変える〜」(2018年3月12日、航空会館)

DSCF3173-20180312.jpg

 日本航空協会の定例講演会でヒロボー(株)の星尚男氏による「無人航空機がもたらす空の産業革命 〜地方から日本の空を変える〜」が3月12日午後6時30分から新橋駅近くの航空会館で開催で聴講しました。
 私は日本ロボット学会編「新版ロボット工学ハンドブック」の第3編の「4.7 空中ロボット」の「4.7.1 理論」を受けて、その実例を紹介する「4.7.2 各種の空中ロボット」を執筆し、UAVについても書きました(執筆時、UAVの戦争利用を避ける記述とすることに腐心したことを今も思い出します)。日本の無人航空機の現状についてその課題を含めて知識の整理ができ、勉強になる講演会でした。

DSCF3190-20180312.jpg

----------
一般財団法人 日本航空協会 航空と宇宙 定例講演会
http://www.aero.or.jp/koenkai.html
posted by M. Ichikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182961007
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック