2017年12月25日

日本文具資料館

P_20171222_151505.jpg
産業用ロボットPUHAを用いたお絵描きロボット

 JR総武線で秋葉原から1駅の浅草橋駅から徒歩5分の地に日本文具資料館があります。
 国宝「漢委奴国王」金印(レプリカ)、徳川家康の鉛筆などの特別展示があり、手動機械式計算機、電気機械式計算機、カシオリレー式計算機、英文タイプライター、邦文タイプライター、産業用ロボットPUHAを用いたお絵描きロボット、鉛筆の製造方法の紹介、様々な毛筆と作品、日本文具大賞 受賞商品などが展示されています。規模は大きくありませんが、中味が濃く、とても楽しめました。1985年にオープンのようですが、「今まで知らなかったとは・・」になりました。休館日が土曜、日曜、祝祭日、12月28日から翌年1月5日まで、そして開館時間は午後1時から午後4時(入館は3時45分まで)で入館無料です。

P_20171222_152202.jpg
1Fに文具資料館がある東京文具販売健保会館

P_20171222_150231_HDR.jpg
文具資料館

P_20171222_150203_HDR.jpg

P_20171222_150213_HDR.jpg

P_20171222_150355_HDR.jpg
国宝「漢委奴国王」金印(レプリカ)

P_20171222_150754.jpg
カシオリレー式計算機

P_20171222_150914.jpg
手動機械式計算機

P_20171222_150927.jpg
電気機械式計算機

P_20171222_151114.jpg
日本文具大賞 受賞商品

----------
文具資料館
http://www.nihon-bungu-shiryoukan.com/index.html
posted by M. Ichikawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182340439
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック