2017年03月13日

「第8回宇宙法シンポジウム」(2017年3月13日、慶應義塾大学三田キャンパス)

DSCF1560-20170313.jpg
慶應義塾大学三田キャンパスの南校舎

  3月13日、慶應義塾大学三田キャンパスの南校舎ホールで開催の「第8回宇宙法シンポジウム」に参加しました(参加者は60名ほどと思われます)。宇宙法の歴史、現状の課題などについて理解を深めることができました。また、小塚荘一郎先生による「リモート・センシングに関する法規制の構造」研究会の報告は、以前、知的所有権について学んでいた時のことを思い出させ、「宇宙から得られるデータの利用も知的所有権と無関係でないんだ」を認識させられました。なお、慶應義塾大学 宇宙法研究センターとJAXAの関係もシンポジウムに参加して理解することができました(慶應義塾大学 宇宙法研究センターのWebサイトに法令一覧があり、閲覧できます)。

DSCF1561-20170313.jpg
シンポジウムの案内

DSCF1564-20170313.jpg
南校舎の5階のホールのステージ

----------
【3/9更新】第8回宇宙法シンポジウムを開催致します。 - 慶應義塾大学 先導研究センター 宇宙法センター(通称:宇宙法研究所)/ Keio Advanced Research Center for Space Law [Institute of Space law]
http://space-law.keio.ac.jp/evet/8.html
宇宙法データベース 慶應義塾大学 先導研究センター 宇宙法センター(通称:宇宙法研究所)/ Keio Advanced Research Center for Space Law [Institute of Space law]
http://space-law.keio.ac.jp/pdfdb/
posted by M. Ichikawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179229026
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック