2022年06月29日

「第6回 通信・放送 Week」、「自治体・公共Week」、「XR総合展 夏」(2022年6月29日〜7月1日、東京ビッグサイト)

P1440769-20220629.JPG

 「第6回 通信・放送 Week」「自治体・公共Week」「XR総合展 夏」が東京ビッグサイトで6月29日〜7月1日開催で初日に会場へ行きました。
 「第6回 通信・放送 Week」の中の「5G通信技術展」「ローカル5G/IoT活用展」の展示を見ながら5Gの技術が着実に展開されていることを実感しました。「XR総合展」では今日の進化した映像技術を見て楽しむことができました。「自治体・公共Week」では小型SAR衛星 “StriX”の1/4スケールモデルや500CCエンジン搭載の産業用ドローン『AZ-500』などを見ることができました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2022年06月22日

日本ものづくりワールド (2022年6月22〜24日、東京ビッグサイト )

P1440491-20220622.JPG

 「日本ものづくりワールド 2022」が6月22〜24日、東京ビッグサイト で開催で初日に行きました。各社の新しい製品や製造技術をPRする場でIKOのブースでは「こんな小さなリニアウェイが製品化されたのか」とLWLF2に驚かされました。そしてロボット関係で気になる展示があるブースで資料をいただいてきました。PROJECT YAOKIによる月面探査車YAOKIも見ることができました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2022年06月21日

「Japan Drone 2022 / 第1回次世代エアモビリティEXPO 2022」(2022年6月21〜23日、幕張メッセ )

P1440444-20220621.JPG

 「Japan Drone 2022 / 第1回次世代エアモビリティEXPO 2022」(2022年6月21〜23日、幕張メッセ )の開催で初日にでかけてきました。
 Japan Droneは今回が第7回。第1回のJapan Drone 2016からその展示を見ていて、2016年のblogではPREDATOR XP (GENERAL ATOMICS AERONAUTICAL)を見たことを書きました。今回の会場の展示を見ながら技術開発と制度の整備が並行して進んでいる状態ですが、日本の環境に対応して着実にドローンの開発が進み、実用領域に入っていることを実感しました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2022年06月17日

Interop Tokyo 2022(2022年6月15〜17日、幕張メッセ )

P1440379-20220617.JPG

 「Interop Tokyo 2022」が6月15〜17日、幕張メッセで開催で最終日に会場へ行きました。
 インターネットが研究レベルから重要なインフラストラクチャーとなることを意識したのは1994年のことでした。それから四半世紀以上経ちましたが、展示を見ながら通信技術の飛躍的な進歩を改めて実感させられました。
 TOKYO 2020 の閉会後、展示会を見るために何度か、幕張メッセに来ていたのですが、今頃になってOlympicに関する展示があることに気づきました。そして千葉県のWebサイトで「東京2020大会において県内で競技が実施された記録を後世に伝えていくため、東京2020マスコットモニュメントや開催競技を紹介した銘板等を展示した 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会展示コーナー」を幕張メッセ中央モールに設置しました。」として令和4年3月25日に展示開始されたことを知りました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

「電子機器トータルソリューション展2022」、「第2回 デジタル化・DX推進展」、「建築再生展2022」(2022年6月15(16)〜17日、東京ビッグサイト)

P1440287-20220616.JPG

 「電子機器トータルソリューション展2022」が6月15〜17日、東京ビッグサイトで開催中で16日に会場へ行きました。第4ホールの入り口近くに日本ロボット工業会の50周年を伝えるブースがあり、工業会の年表も掲示されていて「私が関係していたのは・・」とついその年表を見いってしまいました(日本ロボット学会「新版ロボット工学ハンドブック」(2005年、コロナ社)の制作に際してもご協力いただきました)。
 「第2回 デジタル化・DX推進展」も気になって会場を少し歩きましたが、私の期待したものと少し異なりました。
 「建築再生展2022」は居住する集合住宅の前回の大規模修繕工事が2011年だったことから、「新しい改修技術は」と気になって展示を見、資料を頂戴してきました。
 「東京おもちゃショー2022」も開催されていて気になりましたが、「業界関係者」(以前、一度、大変な混雑の中を見たことがありましたが)ではありませんので、時間の制約もあり、立て看板をみただけになりました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2022年06月14日

ヤマザキマザック工作機械博物館

P1440211-20220612.JPG

 名古屋商工会議所企画制作の「名古屋周辺の産業博物館」と題するパンフレットをみていてヤマザキマザックの創業100周年記念事業として2019年11月2日にヤマザキマザック工作機械博物館がオープンしていたことを知りました。
 名古屋市内にあるマザック工作機械ギャラリーへはいったことがありましたが、6月12日、愛知県での所用を済ませた後、ヤマザキマザック工作機械博物館へ行きました。機械の開発設計をしていた時代があり、その中に特殊な研削機械もあり、工作機械は私にとって身近な存在です。展示室内は Mother Machineと呼ばれる工作機械の歴史、ヤマザキマザックの工作機械の開発の歴史を実際の機械の展示とともに紹介するものでとても勉強になりました。D51の展示もされていて初めて汽笛を鳴らさせていただきました。機械工学を学ぶ学生さんや機械加工に関心ある方に是非、見て欲しい博物館です。「ヤマザキマザック工作機械博物館 図録」と神舘和典 (著)「Mother Machine 工作機械で世界に挑み続けたマザックの100年」(2020年、幻冬舎)を帰りがけに購入しました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2022年06月10日

画像センシング展2022 (2022年6月8〜10日、パシフィコ横浜)

P1440011-20220610.JPG

 「画像センシング展2022」がパシフィコ横浜で6月8〜10日開催で、東京ビッグサイトから移動しました。富士フィルムのブースでレンズの耐振動・耐衝撃機能のことを教えていただき、「そうか!」と技術開発に対する着想の重要さを実感させられました。そして展示を見ながら技術の着実な進歩を感じました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

FOOMA JAPAN 2022(2022年6月7〜10日、東京ビッグサイト )

P1430996-20220610.JPG

 「FOOMA JAPAN 2022」が東京ビッグサイトで6月7〜10日開催で10日に行きました。多くの来場者でマスクをしていなければ以前の会場の賑わいと同じです。食材のハンドリングにおけるロボット技術の応用、そして食材用のエンドエフェクタなどを見ることができ、着実な進歩を感じました。そしてYASKAWAの新しいロボットを見ることができました。また、花木工業のブースでトンソクの加工や皮を剥ぐ装置を見られたのは勉強になりました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット

2022年06月01日

第70回電設工業展(2022年6月1〜3日、東京ビッグサイト )

P1430706-20220601.JPG

 「第70回電設工業展」が6月1〜3日、東京ビッグサイト で開催で会場へ行ってきました。そして気になっていた電気室の浸水対策について、(株)土井製作所のブースで関連する展示があり、国土交通省によって令和2年6月に「建築物における電気設備の浸水対策ガイドライン」が示されていたことを知りました。「会場へ行ってよかった」です。
 「サーモテック 2022」の展示も見たかったのですが、東京ビッグサイトに到着したのが遅く、「残念・・」となりました(入場登録をしようとしたら入場受付のサーバーのトラブルも・・)。なお、東京ビッグサイトで通常、見ない黒っぽい服装を来た方が多くいらっしゃいましたが、「ブライダル産業フェア/国際ホテル旅館フェア」が開催されていたためかな?」になりました。

続きを読む
posted by M. Ichikawa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ工ネット